さよならK-1

FEGが遂に破産手続きを行った事をニュースで知り、時代の流れというか儚さを感じてしまった。
思えば、当初、K-1は正道会館からの流れでこの世に誕生した。僕も格闘マニアの端くれとして毎回、20,000円のチケットを購入して足繁く観戦したものだ。
あの頃は会場内もその道の怖いお兄さんがいたり、格闘ゴロがいたり殺伐としてたよな。
ブランコが優勝したり、佐竹がなかなか勝てなかったり、そういう事に僕は尋常じゃないくらいに燃えていた。
だけど、代々1でやってた頃や、風林火山シリーズを武道館でやってた頃は良かったけど、いつの間にか前列を格闘技なんちゃってFAN芸能人が陣取るようになってからなんとなくおかしくなっていったような気がする。挙句、東京ドームで大会を開催するようになってからは僕も離れてしまった。
結局、K-1は金のなる樹で、フジテレビが食いつくし、甘い蜜が苦くなった途端ポイッと捨て、それでもここ数年頑張ってもがいてたと思う。
ピーター・アーツの旋律のハイキック、マイク・ベルナルドのメガトンパンチが忘れられない。
[PR]
by ricayaa | 2012-05-16 14:54 | Comments(0)


<< 《映像はロックだ!130》ムサ... 柴崎レイニーディ >>