<   2013年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

巨人対楽天の日本シリーズゥゥ

日本シリーズに行ってきたぞ!
巨人に勝っちゃったぞ!
1-5で圧勝しちゃったぞ!
東北魂が炸裂しちゃったぞ!
嗚呼、てっぺんが見えて来た。
e0089801_224535.jpg

e0089801_2245421.jpg

[PR]
by ricayaa | 2013-10-29 22:41 | We Love Eagles! | Comments(0)

河崎実監督始動!!

遂に情報解禁の時が来ました。
天才!そして私の師匠ともいえる河崎実監督の新作がドーンと発表になりました。

タイトルは、
「地球防衛未亡人」

主演は今をときめく
「壇蜜」

公開は2014年2月!!!!
もはや、これは事件だ!

あっ、僕も出演させて頂いていますので気にかけて頂ければ幸いです。
んだば、よろしく!
e0089801_10411089.jpg

[PR]
by ricayaa | 2013-10-29 10:42 | 映画で愛を知った | Comments(0)

《映像はロックだ!179》グランドイリュージョン

castのアクションシーンや芝居部分はとても良かったと思う。
それを引き立たせるカメラワークも編集も一切、手抜きをしていないことがヒシヒシと分かった。
しかし、この映画の核となるイリュージョンや、トリックが荒唐無稽すぎて話にならない。
だいたい、遺体安置所から遺体を盗んできて生きてる人間とすり替えるって、何だよ。そっちの方が難しいっつうの。
e0089801_15223855.jpg

[PR]
by ricayaa | 2013-10-27 14:16 | 映像はロックだ! | Comments(0)

We Love PERSONZ!

PERSONZ、24年ぶりの渋公liveをテルさんと堪能。
jillさんって全身、ロックスターなんだなって思う。
来年の30周年武道館liveはぜってー、凄いことになるな、うん。
付いてくぜ、jillさん!!
e0089801_20275444.jpg

[PR]
by ricayaa | 2013-10-26 20:25 | Comments(0)

復活いたしました。

何十回も胃液を吐き続けて、痛みと味わったことのない異常なムカつきに耐え切れず救急車を要請。
そのまま救急車でも吐き続けて救急病院に到着。夜中の2時。
夜中の2時なのにバッチリメイクを決めた年配の看護婦がいきなり、ゲロで汚れた俺を見て救急隊員に怒鳴り散らす。看護婦からしたらこういう状態の吐瀉物はやばいらしく、ただ菌の心配をしているのだが俺が怒られてる感じで申し訳なくすら感じてくる。
てか、誰に向かってのメイクなんだよと思っていると、背中を掻きながら明らかに寝込みを襲われ不機嫌な先生登場。
で、あらゆる検査をして点滴してそのまんま入院。
そのバッチリメイクの看護婦に
「何が原因ですか?」って聞くと
「私の口からは言えません。先生ということが違っても困りますし、私は判断が出来る立場ではないので・・・」
「うるせーーーーー!もうお前には聞かねーよ」
と言う言葉を胃液とともに堪え、その頃は虫の息。
かすかな意識の中でバッチリメイク看護婦のいいところを探してみたが見つからなかった。
で、今、やっと退院しました。
関係各所には大変、ご迷惑をおかけしました。
というわけで、また本日よりよろしくお願いいたします。
[PR]
by ricayaa | 2013-10-21 16:20 | Comments(1)

《映像はロックだ!178》そして父になる

いろいろと意見もあるだろうが、台詞一個疎かに出来ない難しいテーマを丁寧に描いた忍耐力は凄い。
それと、是枝監督の子供の動かし方はもはや、職人の域。
e0089801_17232052.jpg

[PR]
by ricayaa | 2013-10-13 15:54 | 映像はロックだ! | Comments(0)

新宿の毒

e0089801_1838926.jpg

毒蟲inDX歌舞伎町、今日も楽しくのたうち回っている。
[PR]
by ricayaa | 2013-10-11 18:37 | Comments(0)

ポレポレにて

ポレポレに河崎監督もテルさんもつばきちゃんも来てくれたぜ。嬉しいなぁ。映画の輪だなぁ。
率直な思いとしては、やっぱ一週間は短いなと。あと、安藤家は素敵だなと。安藤監督は写真を撮る時、いつも見切れるなと。
e0089801_2349440.jpg

[PR]
by ricayaa | 2013-10-05 23:48 | 映画で愛を知った | Comments(0)

《映像はロックだ!177》地獄でなぜ悪い

キャストが楽しんでいたしノッていた。
もう、それだけで成功だべ。
ただ個人的には、もう少し丁寧に作っても良かったんじゃないかなと思う。作風と言われたらそれまでだが、深作欣二監督の抗争シーンの実は計算され尽くしたドンパチと比べると若干、雑な感じは否めない。
それでも、派手さは相変わらずだ。
絶対、劇場で見るべき一作。
e0089801_134639.jpg

[PR]
by ricayaa | 2013-10-02 12:02 | 映像はロックだ! | Comments(0)