<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

僕の顔

現在撮影しているドラマの中の小道具として美術さんが僕の似顔絵を描いてくれた。
似ている・・・らしい。
e0089801_234251.jpg

[PR]
by ricayaa | 2010-06-30 23:04 | 映画で愛を知った | Comments(0)

深呼吸

あるドラマの為の本読みと衣装合わせを湾岸スタジオにて行う。
何気なく赴いたスタジオに”ひとり楽屋”があてがわれていて少々感激した。
でもって女優さん方は皆綺麗でいい匂い。
思う存分深呼吸をしてきました。
e0089801_23144659.jpg

[PR]
by ricayaa | 2010-06-28 23:14 | 映画で愛を知った | Comments(0)

追撮

ある番組の追撮を行う。追撮といっても怒涛の28シーン。
あの時のテンション、あの時の衣装、あの時の装備、あの時の背景・・・
結局はそれぞれを探りながらだからガシガシ撮ることも出来ず、勢いで行こうとしても行けないジレンマと戦いながらやっと終わった。
放送は7月下旬、詳細は後ほど。
割と自信作です。
[PR]
by ricayaa | 2010-06-28 10:43 | Comments(0)

金本みたいに山崎みたいに

3日間の撮影は朝から朝、朝から朝、朝から朝という感じでやっとこさ終わった感じ。
やっぱ、基本はドンパチだね。
ただ、おかげで腰が痛いの何の・・・・満身創痍の演技。
気分は金本(阪神)、心は山崎(楽天)・・・そんな、いいもんじゃねえか。
e0089801_11234853.jpg

[PR]
by ricayaa | 2010-06-24 11:27 | 映画で愛を知った | Comments(1)

《映像はロックだ79》告白

脚本、演出、CASTING・・・どれを取っても非の打ち所がない作品。
特に、13歳という人生の中で一番多感で危ない時代をこれほどまで巧く描写した作品は他に知らない。
社会現象にまでなっているこの作品の持つ狂気性は僕には温(ぬる)かったが、その温(ぬる)さも万人に受け入れられた理由だろう。
後は、好き嫌いの問題だけど、残念ながら僕は嫌いなほう。
ただ、年度末の各映画賞を総なめする事は予想される。
e0089801_16344389.jpg

[PR]
by ricayaa | 2010-06-20 16:35 | 映像はロックだ! | Comments(0)

祭の余韻

e0089801_1050139.jpg
e0089801_10503156.jpg

[PR]
by ricayaa | 2010-06-17 10:50 | Comments(1)

祭の後

50回にも上る”毒蟲”が遂に終焉。
後にはプッチンプリンの残骸と、猫さんの置いてけぼりにされたチラシだけが残っていた。
感慨に更ける間も無く最後は怒涛の如く締め括られた。

”毒蟲”・・・間違いなく僕がお客様の愛にに育てられた空間だった。
みんな、みんなありがとう!
e0089801_1027239.jpg

[PR]
by ricayaa | 2010-06-11 10:27 | Comments(1)

海亀

新宿2丁目の居酒屋で呑む。

つまみの海亀がやたら旨かった。
e0089801_11102549.jpg

[PR]
by ricayaa | 2010-06-10 11:10 | Comments(2)

終わりの始まり、始まりの終わり

さあ、いよいよ最後の毒蟲です。
6月10日です。
心よりのご来場と、ノーミスの司会を願いつつ・・・・
e0089801_10575324.jpg

[PR]
by ricayaa | 2010-06-08 10:58 | Comments(0)

《映像はロックだ78》ヒーローショー

この映画”ヒーローショー”は乾いていた。
一切の潤い感を完全に排除していた。
それが良かったと思う。
少しでも湿りや温もりを入れてしまうと忽ち安くなる内容だったりCASTだったりするわけだけど、井筒監督の一環とした演出によって”じゃるじゃる”のそれぞれの憤り感や焦燥感、倦怠感がリアルに描かれていた。

最後のショッピングモールの鯛焼き屋でのシーンでは、希望を見出す人と、絶望が見えた人がいる。
この、観客に委ねる演出も僕には◎。
親切さは概ね映画の質を下げる場合が多いから。

予告編の快活なイメージとは程遠いので、その辺は期待しない方がいい。
e0089801_1731214.jpg

[PR]
by ricayaa | 2010-06-06 17:37 | 映像はロックだ! | Comments(0)