<   2008年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

オーディション

オフィス毒蟲として、あるバラエティのオーディションを受けてきた。

映画のオーディションと違って、緊張した。

だって、みんな、取りにきてるんだもん。

はい。僕はいっぱいいっぱいでした。

でも、相方の琴音が頑張ってくれたのでなんとか乗りきれた。
e0089801_196049.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-12-29 19:06 | Comments(0)

ケチなビックカメラ

有馬記念、15:25発走。
その、5分前、僕は有楽町にいた。
この場所で、生でレースを見るためには・・・

僕はビックカメラに向かった。あそこのテレビ売り場だったら見れるかもしれない。
そう思い、中に入ったが、そこは年末商戦真っ盛り。
不景気だ何だと言ってもたくさんの人でごった返している。

その中を潜り抜け、女子供を弾き飛ばし、やっとの思いでテレビ売り場に着く。

しかし、どのテレビも映っているのはしょうもないハリウッド映画やらイギリスの田園の風景。

その時、15:23.

途方に暮れるのも束の間、端の方にひときわ大きな人だかりを発見。
行ってみると、やってます、やってます。生の有馬記念。

よっしゃ!

と言う事で、目標達成。
そして、15:25. ファンファーレが鳴る。

♪パーパパパパー  パーパパパ・・ブチッ




「はい、チャンネル変えさせていただきまーす」

人だかりを気にしてなのか、非情にもビックカメラの店員は他の放送局に変えてしまったのだ。
そして、涼しい顔をしてその場を離れる店員。置いてかれてしまった間抜けな競馬FAN。
勿論、僕もそのひとりではあったが、それにしても、ビックカメラのこのケチな行動はどうよ。

おまけに馬券まで外してしまった。

ったく、踏んだり蹴ったりだよ!
[PR]
by ricayaa | 2008-12-29 12:02 | Comments(1)

インタケの馬鹿

猫ひろしさんで始まった’08年の桃色も、インタレスティングたけしで終わった。

まさか、へべれけのインタケを連れて帰る事になるとは思わなかった。
e0089801_12531810.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-12-27 12:53 | Comments(0)

サクラについて

大阪のマクドナルドの大行列にサクラが混じっていたと言う事が問題視されているが、こういう話は業界の至る所にあって、何でマクドナルドだけが吊るし上げられているのかという疑問が残る。

僕自身も3年位前に当時、空前のブームを巻き起こしていたヨン様の写真展の客足がいまいちと言う事で、お金を貰って見にいった事がある。これも、サクラと呼べるのだろうが、全く問題にならなかった。

また、外タレが日本に来た時、客席を埋めるためアリーナ席のチケットをばら撒くと言う事もよくある。
僕が昔行った、デビッド・ボウイのコンサートがそんな状況だった。スタンドは満席なのにアリーナはパラパラ。

それに、観客動員数なんかもよく水増しで発表されたりする。そういうことは何故、問題視されないんだろうか。


だいたい、ブームとか人気とかスターって物は、最初から仕組まれて作られていくわけで、この世の中に、民衆が自発的に何かに群がったと言う事は皆無に等しい。
全てはキャンペーンという名の戦略のなかでしかヒットは生まれないのだ。



映画なんて正にそのもっともたるもので、全米ヒットとかいう振れ込みやアホ評論家のひと言で人々は群がる。

うまいもの一つ、面白いものひとつ、自分で決められない奴らが、何を今更、マクドナルドのサクラを問題視しているのか、ちゃんちゃら可笑しい。
[PR]
by ricayaa | 2008-12-26 14:34 | Comments(0)

X’mas TIME in BLUE

ここんとこずっと暗いニュースばっかだけど、兎にも角にもこうやってX’masの日を迎えられる事は幸せなんだよね。

とりあえず、みんな、生きよーぜ!!

[PR]
by ricayaa | 2008-12-24 23:40 | Comments(0)

ソラヲアオグ

増上寺の地蔵さんが寒そうにしていた。

東京タワー上空は重たい鉛色で、すっかり冬。


天使になった飯島愛様  ご冥福をお祈りします。
e0089801_1419999.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-12-24 14:19 | Comments(0)

’08最後の毒

X'masと毒蟲忘年会と、そしてなんといっても月ちゃんの誕生会も合間って、極上のごった煮状態だったLOFTプラスワン。楽しくないわけはない。
思えば、僕としては今年最後のLOFT。
田実君、酒井君、本当にありがとう。


そして、来年も今年以上に一個一個、大事に育てていこうと思う。
やるしかねえべ。

というわけで毒蟲ALLSTARSの面々、来年も宜しくだー!





みんな、みんな愛してるぜーっ!!!



・・・・・・・・・・さあ、寝よ。
e0089801_1304990.jpg
e0089801_131755.jpg
e0089801_1312425.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-12-23 13:01 | Comments(1)

飲まれた夜

昼からカレッタ汐留47Fの高級イタ飯屋で飯を食う。

ビール2杯でほろ酔い。


夜はM1を見ながらビール3本と焼酎1本を空ける。

NON STYLEの優勝を見届けた後、見事にぶッ潰れてしまった。


思えば、酒で潰れたのは今年、2度目。

そして、僕は二日酔いを抱えたまま、今夜のLOFTプラスワンでの毒蟲に突入する。
しかも、オールナイトだ。

最初からフルスロットルで望むつもりなので、宜しくお願いいたします!!
e0089801_13523284.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-12-22 13:53 | Comments(1)

鳥肌実に玉砕

九段会館へ鳥肌実さんの天照大演に行き、見事に玉砕してしまった。

会場ではワイドショーで時の人になっている櫻井氏やエンタの亀子くんと会う。
帰り際にはジーコさんまで遭遇。
まともな人は一人としていなかった。
e0089801_22403722.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-12-19 22:40 | Comments(1)

アカデミー賞を占ってみる

日本国内のアカデミー賞の最優秀賞を占ってみる。
TVと劇場映画のボーダーが崩壊してしまった今、映画人の頭の中は目前の金だ。
そうなったならばそうなったで仕方が無い。
ちょっとでももがいてくれた作品に栄冠を渡して欲しいと思う。


◆優秀アニメーション作品賞
 『映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝』
★『崖の上のポニョ』
 『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』
 『名探偵コナン 戦慄の楽譜』
 『ONE PIECEワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパープラス 冬に咲く、奇跡の 桜』

日本人が総じて幼稚化している原因のひとつにみんな横並びで宮崎アニメを崇拝している事が挙げられる。子供は大人からこれは子供が見る夢のような作品だと擦り込まれ、大人はこれは、子供に適した作品と勘違いしている。結局はキャラの権利でジブリをぼろ儲けさせてるに過ぎない。


◆優秀主演男優賞
 佐藤浩市(『ザ・マジックアワー』)
 堤真一(『クライマーズ・ハイ』)
★松山ケンイチ(『デトロイト・メタル・シティ』)
 本木雅弘(『おくりびと』)
 役所広司(『パコと魔法の絵本』)

日本の俳優は役を演じる事が出来ない。キャスティングの段階でその役に近い俳優を探す事になる。または、俳優そのもののキャラで演じる。
役作りという言葉は死語になりつつある。そういう意味で松山ケンイチがカメレオン俳優と賞賛されるのはおかしい。俳優とはそういう仕事だから。


◆優秀主演女優賞
 木村多江(『ぐるりのこと。』)
 仲間由紀恵(『私は貝になりたい』)
 広末涼子(『おくりびと』)
 吉永小百合(『母べえ』)
★吉永小百合(『まぼろしの邪馬台国 YAMATAIKOKU』)

吉永小百合さんが卑弥呼というコスプレをした事で十分でしょ。


◆優秀助演男優賞
 浅野忠信(『母べえ』)
★堺雅人(『クライマーズ・ハイ』)
 堤真一(『容疑者Xの献身』)
 寺脇康文(『相棒-劇場版-絶体絶命!42.195km』)
 山崎努(『おくりびと』)

助演とは二通りある。主演を守り立てる人。主演を喰う人。勿論、映画その物を壊さない事が最低条件だが、映画の場合、後者であって欲しい。
そして、主演は喰われないと言う意識。それがあって始めて映画は生きる。


◆優秀助演女優賞
 樹木希林(『歩いても 歩いても』)
 檀れい(『母べえ』)
 松雪泰子(『デトロイト・メタル・シティ』)
 松雪泰子(『容疑者Xの献身』)
★余貴美子(『おくりびと』)

上記に同じ。


◆優秀監督賞
 滝田洋二郎(『おくりびと』)
★中島哲也(『パコと魔法の絵本』)
 原田眞人(『クライマーズ・ハイ』)
 三谷幸喜(『ザ・マジックアワー』)
 山田洋次(『母べえ』)

一目見て、どの監督の作品と分かる作品は命が吹き込まれていると言える。
”下妻”、”嫌われ松子”と来て、中島作品は頂点を極めたと思われたが、更にその上を突き抜けた彼のセンスは確固たる世界を作り上げたといっていい。


◆優秀脚本賞
★内田けんじ(『アフタースクール』)
 加藤正人・成島 出・原田眞人(『クライマーズ・ハイ』)
 小山薫堂(『おくりびと』)
 三谷幸喜(『ザ・マジックアワー』)
 山田洋次・平松恵美子(『母べえ』)

内田けんじ・・・日本一だと思う。これは納得のいくノミネートだ。
逆に彼以外が受賞した場合、例年通りの糞アカデミー賞になってしまう。
それにしても、泰葉が出てきてから、糞○○というのに躊躇がなくなったな~。


◆優秀音楽賞
★萩野清子(『ザ・マジックアワー』)
 ガブリエル・ロベルト(『パコと魔法の絵本』)
 冨田勲(『母べえ』)
 久石譲(『おくりびと』)
 久石譲(『崖の上のポニョ』)

消去法で彼女と予想してみた。冨田勲とか久石譲とか、いいかげん、みんな飽きないのかな。


◆優秀撮影賞
 阿藤正一・尾澤篤史(『パコと魔法の絵本』)
★小林元(『クライマーズ・ハイ』)
 長沼六男(『母べえ』)
 浜田毅(『おくりびと』)
 松島孝助(『私は貝になりたい』)

カメラが生きてると感じる映画だった。ただ、同志の島田角栄も負けていない。


◆優秀美術賞
 小川富美夫(『おくりびと』)
★桑島十和子(『パコと魔法の絵本』)
 種田陽平(『ザ・マジックアワー』)
 出川三男(『母べえ』)
 福澤勝広(『クライマーズ・ハイ』)

それにしても、ここまで来ても作品の顔ぶれに変化がねえな。
ま、とりあえず、ここは鉄板でしょ。


◆優秀編集賞
 石井厳(『母べえ』)
 上野聡一(『ザ・マジックアワー』)
 川島章正(『おくりびと』)
 小池義幸(『パコと魔法の絵本』)
★須永弘志・原田遊人(『クライマーズ・ハイ』)

ここも、鉄板です。


◆優秀外国作品賞
 『最高の人生の見つけ方』 
 『ダークナイト』
★『ノーカントリー』
 『ラスト、コーション』
 『レッドクリフ Part I』

どう足掻いても日本じゃ撮れない作品。


■新人俳優賞
 小池徹平(『ホームレス中学生』)  
 松田翔太(『イキガミ』)
★アヤカ・ウィルソン(『パコと魔法の絵本』)
 長渕文音(『三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~』)
 福田沙紀(『櫻の園-さくらのその-』)
 吉高由里子(『蛇にピアス』)


小池徹平って・・・・・。マジすか?
[PR]
by ricayaa | 2008-12-18 21:37 | Comments(0)