<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

女体盛りなんかじゃはしゃがない

(僕がMCを務めるイベントにて・・・・)

すみません。嘘です。

大はしゃぎしてしまいました・・・・・
e0089801_16273174.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-08-30 11:18 | Comments(0)

女性が作る映画

映画屋というのは男の仕事だと思っている。

実際、世の中で楔を打ったり、穴を空けたり、機関銃をぶっ放したりするのって男でしょ。
それと同じで、映画という凶器を使って人の心に楔を打ったり風穴を開けたり出来るのって、力を使わなくたってやっぱり男なんだよね。・・・と、僕は思っている。

それでも、世の中には、いや、そうじゃないでしょ、何も映画で楔を打たれたいわけじゃないって人もいるでしょ。ほのぼのしたいとか癒されたいとか・・・
勿論、それも映画の大事な役目。

だけど、最近の女の人が作る・・・なんて言うの? ほのぼの?癒し?ゆる系?・・・ま、そんな言葉に置き換えられてる映画の駄作揃いって言ったりゃ、もう、限(きり)が無くて・・・

たぶん、この分野で長けてるのは「こほろぎ嬢」の浜田佐知監督、後は「かもめ食堂」の荻上直子監督くらい・・・
その後は「殯の森」とか「人のセックスを笑うな」とか、出てくる映画出てくる映画、全部、駄目。
こういう映画が面白いって言ってる人の気が知れません。


もうね、ゆる系って言葉、やめません?
皆、ゆる=ダラダラになちゃってて、それでいて、女独自のとか言う寸評も映画界を破綻させてるって気付こうぜ。
後は、西川美和監督みたいにしっかり撮っていただける方が一人でも増えることを祈るのみ。
[PR]
by ricayaa | 2008-08-28 21:48 | Comments(1)

海と山とあぶら汗

合いも変わらず腰が痛い。寝返りを打つたび半端じゃなく激痛が走る。

それでも否応無く撮影は続く。

海に行ったり山に行ったり、本当は楽しいはずなんだけど、腰が痛くて痛くて・・・



身体中、纏わり付くあぶら汗を拭いながら芝居をしていたけれど、逆に力みが取れたのか、くさくなくて良いと言われた。
どういう意味だ?
いつもはくさいってことか?!
何をおっしゃる。くさい芝居は私の真骨頂。自然な芝居なんて他の奴にやらせればいい。
みんながどう思おうが、僕は常にくさくありたいので、ちょっと残念な気分。
と、自画自賛・・・そして、ため息。ふぅ

そんなことより腰を何とかしなければ・・・・
いや、マジ痛いって。
e0089801_10483570.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-08-28 10:48 | Comments(0)

今日だけは休みたい

腰が痛い
激痛が走っている

うゥ・・・・

なのに、今日に限って2本の打ち合わせ。
回避できず・・・・

うゥ・・・・
[PR]
by ricayaa | 2008-08-25 10:39 | Comments(1)

情報からの逃避

僕にとってオリンピックで興味があるのは野球だけ。
特に準決勝の”日本対韓国”は是が非でもリアルで見たいのだ。
しかし、この日は残念ながらずっと現場だった為に見れない。

ならば、深夜12:30からのNHKでの再放送で見るしかない。
絶対にNEWSでは見たくないし、まして、他人から呑気に「勝ったねー」とか「負けたねー」なんて言葉は聞きたくない。

しかし、東京は情報の街だ。
現場が終わった後、電車内での他人の会話や電光掲示板など様々な障害を乗り越えて夕方、ヘトヘトになって事務所に戻った。理由は明日の現場に行く為の地図を出すためだ。

まず、事務所に入るなり、宣誓。
絶対に野球の情報を入れるな。ヒント的なものも口にするな。
事務所ではTVがつけてあるのだが、その中で野球のやの字でも出てきた途端、チャンネルを変える・・・等、皆さんの協力を得る。
ふざけて、「えーとねー、GGがねー」
なんて言ってくる奴には本気モードの怒声。
「うるせー!てめえ、その口に右拳を突っ込んだろか!おらえー!」

気持ちを落ち着かせて、パソコンを開く。
Yahooを開く。
ニュースの欄辺りを手で翳し、慎重に業務を遂行。・・・そして、完了。
気分は地雷撤去作業員のようだ。

しかし、まだ、気は抜けない。
家に帰る間には繁華街を抜けなければならないからだ。
しかし、僕はここで気を緩めてはならないと、敢て遠回りだ。よしよし。

そして、家まで10メートル。
晩飯を食うためラーメン屋に入る。
ここのラーメン屋は普段、JAZZを流してるから安心だ。
黒餃子と生ビールとつけ麺を注文。

僕は安堵の気持ちでビールに口をつけた・・・・途端だ。
店の親父が”キューバVSアメリカ”を見るためTVをつけやがった。

やばいぞ!

当然、アナウンサーは今日の日韓戦を口にするだろう。
帰るか!
しかし、注文した品物には殆ど口を付けていない。

辺りを見る。他の客もTVを凝視!

どうしよう!
どうしよう?

僕はスクっと立ち上がり、客と店の奴に向かって二度目の宣誓!
気分はオバマ級の演説だ。
結果的に、気持ちが通じたのか、頭がおかしいと思われたのかTVのチャンネルを変えてもらうことに同意を頂いた次第だ。

そして、家。
当然、時間までTVはつけない。パソコンだってNOだ。


そして、待ちに待った12:30。
厳(おごそ)かな気持ちで42型VIERAへTAKE-ON!

だが、TVに映されてる光景は新体操。
野球は1:30からとの事。ガッデムだぜ!ったく・・・・

しかし、待つ。
こうなったら、待つ。
とことん待つ。

僕に情報を入れないために協力して頂いた方たちの顔や場面が走馬灯のように思い出された。


今、僕がこうして、TVの前でワクワクしていられるのは皆さんのおかげです。
・・・なんて事までは考えなかったが、とりあえずミルクティを飲んで時間を潰した。
本来ならビールだが、眠くなったら終わりだ。
いや、すでに眠い。
ここからは自分との戦いだ。
みんなの協力を無駄にしないためにも僕は身を削るのだ。

普段、12:00にはベッドに入るから、深夜の待ち時間は思いの他、過酷だ。
頑張れ!ニッポン!
頑張れ!リカヤ!


そうこうしてる間に野球が始まった。
遂にこの時が来た!
思えば、長い一日だったぜ。
マウンド上の杉内よ。僕もあんたと同じ気持ちだ。同じ、戦士だ!


嗚呼----
結果は無念の敗北。
気付けば時計は深夜の3:30を差していた。

僕は全てを見届けた後、眠りに落ちた。
ホセ戦を終えた矢吹丈のように真っ白になってしまった。


だけど、妙に清清しい。
日本は負けたが僕は勝利者の気分であった。
[PR]
by ricayaa | 2008-08-23 17:26 | Comments(0)

パティー・サワディー

5年前の映像。
んー若いなー。
キスシーンが初々しい。

[PR]
by ricayaa | 2008-08-22 18:51 | 映画で愛を知った | Comments(1)

非カタルシス的仕事

今週一週間はずっと、本年度最大級の映画に携わっていた。
俳優としてではなくコーディネートとしてだが、僕としては全く面白くない現場であった。
仕事に面白いも糞もないわけだが、映画に携わっているのに全く創造力が沸かない。
つまり、それが気に入らない。
その現場は間違いなく国内最高のスタッフと俳優とシステムを駆使した現場だがあまりに事前準備がしっかりとされ過ぎている故、作業の内容はこなしていくという感じだ。

僕は工夫と言う言葉が大好きだ。工夫は人の心に響く。
現ナマで横っ面を張った押すような作品に愛はないのだ。

愚痴のようになってしまったが、愚痴である。
しかし、この仕事はまだまだ続く。僕の愚痴は益々増えていく。

それにしても、このVPに出てくる女の子、めちゃ可愛いなぁー

[PR]
by ricayaa | 2008-08-22 17:56 | Comments(0)

美紀という女

美紀ちゃんの事を僕は知らない。
だけど、美紀ちゃんは毎日のように僕にメールをしてくれる。

なんでも、
「仕事で忙しい…、職場の都合や家庭の事情等…、もちろん金銭的な事情…
色々な事情があって出会いやお金を求めている方を広く募集しております。」
・・・との事。

しかも、
「お金を出してでも必ず会いたい…純粋に・真剣に会いたい…その用な女性は実はたくさんいらっしゃるんです。」
・・・・だそうだ。

美紀ちゃんよ。残念ながら俺は結婚したばかりだ。
だから、他を当たってくれ。
美紀ちゃん、美紀ちゃん、美紀ちゃん・・・・・・・・・
e0089801_18324887.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-08-18 18:44 | Comments(0)

過酷な再現フィルム

久しぶりに世界仰天ニュースの再現フィルムの撮影に参加させていただいた。
たぶん、2年ぶりくらい。
再現フィルムとは、バラエティの中で使われる映像。それを見ながらスタジオのタレントたちがあーだこーだとトークする。
再現の場合の演技は通常のドラマや映画と異なる。そこに求められるのは分かりやすい演技。
驚く場面ではきちんと驚く。怒る場面ではきちんと怒る。恐い場面ではきちんと恐がる。
ふくみとか間とかいらない。むしろ、そういうのは邪魔になる。

それにしても、再現は過酷だ。
何が過酷って、なんていうか全てだ。

例えば、撮影時間の長さ。
分かりやすくいうと、15秒のCMの撮影時間は丸1日以上
1時間のTVドラマは5日~6日。
2時間の映画は最低一ヶ月。(河崎監督は5日で撮っちゃうが、この方の場合、天才なので論外)
そう考えると20分の再現を1日で撮るという事がどれだけ過酷か分かるだろう。
しかも1日といっても朝7時から終わりは夜中の12時と本当に丸々1日、休憩なし。

この他にも再現がなぜ過酷かは、おいおい書くことにして・・・・

というわけで、9月24日(水)の世界仰天ニュース、見てくだされ。


写真は撮影場所に使った横浜郷土資料館。
e0089801_1245049.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-08-18 12:04 | Comments(0)

戦後63年目の”すっぽん”と”亀子”

戦争が終わって63年目。
少しづつ、そして、確実に戦争の語べが少なくなっていても、それでも僕らは日本で戦争があった事を胸に刻み続けなければならない。
何故なら、あの時代に国と名誉を背中に背負ったまま命を散らせた先人がいたから、僕らがいる事を忘れてはならないからだ。

そして、時が過ぎ日本は恐ろしいほどの発展を遂げた。
その中で、僕らは明日に期待し、明日を夢見ることが出来る。

明日が来るという事は、それだけ死へ近づくという事。
しかし、今日しかなく、その瞬間しか生きられなかった兵士に比べたらどれだけ幸せな事だろう。

そんな事を考えつつ、僕は東京中を歩き回っている。
で、もって、暑い・・・・・
e0089801_13261248.jpg


ところで、本日放送の「エンタの神様」に、我らがすっぽん大学と亀子のぶおが出演。
んー、なんて豪華なんだろう。
ただ、こっちの場合は暑苦しい・・・・・
e0089801_13294210.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-08-16 13:30 | Comments(0)