<   2008年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ヴェネチア

『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』
第65回ヴェネチア国際映画祭・公式招待作品(コンペ外・ミッドナイト部門)決定!!

河崎監督が大きくなっていく!

ヴェネチアあたりで
「あのKGBの役やってる人、いいね。 なんて、名前? へー、リカヤって言うのか」
なんて言われんのかな・・・・ドキドキ


とりあえず、今日は一人で祝杯を挙げる事にしよう。
e0089801_1924065.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-07-30 19:34 | 映画で愛を知った | Comments(0)

麻布サンセット

夕焼けって綺麗だな。

でも、夕焼けって大気が汚れてれば汚れてるほど赤が映えるんだってさ。

ま、そんな事はどうでもいいやね。

ただただ、夕焼けの美しさを噛み締めよう。
e0089801_1974516.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-07-28 19:11 | Comments(0)

きもE

土曜日は無駄に時間を費やしてしまったので、エレファントカシマシを歌いながら帰路に着いた。
TVを付けたら亀子のぶおが”キモE”と連呼していた。
知っているネタなのに、笑わしちゃう亀子の底力。
ご馳走様でした。

今度会ったら、一緒に写真、撮っとこっと。
e0089801_12533698.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-07-28 12:53 | Comments(0)

《映像はロックだ53》クライマーズハイ

僕は日本映画をこよなく愛している。
勿論、自分の生きる上での畑が日本映画だからというのもあるが、世界的に見ても日本映画は高いレベルを保持していると思う。
しかし、それは、少数人数の映画に限る。
たくさんの・・・百人、千人単位の人間が出てくると、途端にレベルが下がる。ハリウッドの足元にも及ばない。
何故か・・・
それは一重に日本の映画界のエキストラの質の低さに由来する。
現場にいると、朝、きちんとエキストラの数が揃った時点で仕事の90%は終えたようなものなんていう声が聞こえてくるくらいだ。
エキストラの仕事は歩く、立っている・・・・要は居るということだが、極論を言えばマネキンでもいいわけだ。人間を使えば、マネキンよりちょっとマシみたいな考え方が蔓延している。
違うとは言わせない。
事実、そうなのだから・・・・

人には全員、例外なく人生がある。今、画面の一番前で喋ってる奴が、たまたまこのドラマでは照準が絞られているだけで、その後ろを歩いている奴に照準を合わせたとしても何かしらのドラマチックな人生はある筈なのだ。

深作 欣二監督はエキストラ中心に演出をつけていたらしい。
役者は演技が出来て当たり前という考え方らしいのだが、監督が役者を、助監がエキストラをという通例は僕自身もおかしいと感じる事がある。
結果、深作監督の一連の山口組ものの抗争シーンには迫力が出てくるわけだ。



前置きが長くなってしまった・・・・・

今回の「クライマーズハイ」はブンヤ同士の衝突に次ぐ衝突・・・・
抗争に次ぐ抗争と同義語になるわけだが原田監督の演出は大人数になればなるほど力が発揮されるというか、迫力が増す。
エキストラに命を吹き込める日本では数少ない監督ではないかと思う。

脚本自体も、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故は衝突を起こすための材料に過ぎない。
それで、いいと思う。あくまで人間偶像劇に終始したのは原田監督の意志の固さではないか。
ラストはもっと違うアレンジもあったとは思う。もうひとつ掘り下げて欲しかった。

CASTは堺雅人が主演を食う勢い。その他の人たちも、殆どナイスキャスティング。
ただ、社長役の山崎努はスケベさが足りないなぁ。あんなに女の尻を弄(まさぐ)っているのに、スケベになりきっていない。良くも悪くもかっこいいまま。
ここは津川雅彦の方が良かったのではないか・・・・・・・
e0089801_1173540.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-07-28 11:07 | 映像はロックだ! | Comments(0)

摩訶不思議な成人認証

煙草の自販機についてる成人認証で、なんと成人と判断されなかった。
2回やって、2回ともだ。

もう、数十年前に成人になったのに・・・

なんて事だろうか。

ただ、ここで危惧するのは成人に見えないということで撥ねられたんだったら納得もするが、他の理由だったらどうしよう・・・

バタ臭いとか、耳毛が出てるとか、別の理由だったら、マジ、凹む。

e0089801_17341166.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-07-26 17:34 | Comments(3)

地下室で空調がいかれても・・・

桃色鬼祭りというイベントは地下室で行なわれている。

昨日は著名な方も来て頂き、感謝。


ただ、序盤から空調がいかれて、いや、もう、暑いのナンの・・・・・

地下室だから風も流れず、ただただ上昇していく気温。

溢れ出す唾と汗を撒き散らかして叫び続けた一夜であった。

だから、もう、付き合ってくれたお客さん達には更に感謝、感謝。



追伸1
すっぽんの学ちゃんじゃない方へ・・・・明日があるさ。
ぽんぽこへ・・・・明日があるかもしれない。

追伸2
楽天はどこまで負ければ気が済むんだろう・・・・
e0089801_11415758.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-07-26 11:42 | Comments(0)

いよいよギララ、東京上陸

いよいよ明日、ギララが東京上陸!
絶対必見!
e0089801_14254382.jpg

東銀座: 銀座シネパトス
お台場: シネマメディアージュ
渋谷: シアターN渋谷
新宿: 新宿ピカデリー
池袋: 池袋シネマサンシャイン
昭島: MOVIX昭島
大森: キネカ大森
川崎: チネチッタ
鴨居: TOHOシネマズららぽーと横浜
海老名: TOHOシネマズ海老名
三郷: MOVIX三郷
太田市: イオンシネマ太田
伊勢崎市: MOVIX伊勢崎

他、日本中にギララを増殖させよう!
[PR]
by ricayaa | 2008-07-25 14:29 | 映画で愛を知った | Comments(0)

白い う○こ

癌検診で生まれて初めてバリウムを飲む。
                    
バリウム、そのものはミント味ですいすい飲めた。

この後、数時間後に白いう○こが出て来るらしい。ちょっと、楽しみ。



嗚呼、そして、楽天は最下位街道驀進中・・・・・せつない
e0089801_10351223.jpg


                    
[PR]
by ricayaa | 2008-07-24 10:35 | Comments(3)

時の人

今や、飛ぶ鳥を落とす勢いの亀子のぶおと写真を撮った。

・・・って、すっぽんの学ちゃんじゃない方が顔を隠してやがる!


なんて事するんだ!すっぽん大学の汚い方!
なんて事するんだ!すっぽん大学の左側!
e0089801_17333195.jpg

[PR]
by ricayaa | 2008-07-23 17:33 | Comments(3)

エコロジーブームという大嘘に振り回されている世界中の人々へ

突発的に沸いた言葉には間違いなく疑問を抱いた方がいい。
その言葉を口にする事で世界の中の誰かが・・・あるいは誰かたちが大きな利益を上げている筈なのだ。

そのからくりに疑問符を付ける事が我々映画屋の宿命だ。

最近、猫も杓子も二言目にはエコだエコだって連呼しているけれど、明らかに不自然さを感じる。
早急の問題としながらもサミットでは50年間の先送り。
ただ、一丸となって立ちむかおー的なアピールが出来た事はむしろ、良しなのか?


もともと、アル・ゴアのしょっぱい映画を見せられてからかもしれないが繰り返し流れる氷山が崩れる映像は、どうも策略としか思えない。
氷が熔ける事によって海面が上がり水没する国が出てくるという話もあまりに単純で馬鹿げている。
地球はそんなに簡単に出来てはいない。

”南極の氷が熔ける→海水が蒸発→雪が大量に降る→氷が増える”
IPCC自身が水没説を唱えていながら、結局、上記の理由で撤回してるにも拘らず、水没説でいいじゃんという危険煽り組が後を絶たない。

IPCCが掲げるCO2削減キャンペーンは裏を返せば原子力エネルギー啓蒙キャンペーン。

もっというと、温暖化が実際に進んでいたとしてもだ、温暖化はむしろ歓迎という学者もいるが、そういった学者の発言はまるでガリレオの地動説と同じように掻き消されている。

だいたい、最近の天気予報は1週間先も当たらないのに、数十年先の気候を予測できるというのだろうか?
ちゃんちゃら可笑しい。


ただ、僕自身、ごみの分別はきちんとしている。
何故なら、かみさんがうるさいからであります。僕にとっては未来の地球より、今日の家庭だからね。
[PR]
by ricayaa | 2008-07-22 11:09 | Comments(1)